トップ コラム 「マズローの欲求五段階説」から考えるキャリア

「マズローの欲求五段階説」から考えるキャリア

  • メンタルヘルス
「マズローの欲求五段階説」は、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されているとする心理学理論の一つです。今回は、私たちが抱く様々な欲求を解説し、それぞれの価値観との関係性についても考察します。

メンタルヘルスコラム:「マズローの欲求五段階説」から考えるキャリア

人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されているとする心理学理論を「マズローの欲求五段階説」と呼びます。これは、アメリカの心理学者、アブラハム・マズロー(1908~1970)が考案したものです。
それらは、「生理的欲求」「安全の欲求」「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現の欲求」の5つの階層に分かれています。ピラミッド状の序列は、低次の欲求が満たされるごとに次の欲求に向かっていくとされています。

5段階の欲求

1. 生理的欲求

生理的欲求は第1階層で、生きていくための本能的な欲求(食事・睡眠・排泄など)のことで、すなわち生命活動を維持するために不可欠な、必要最低限の欲求を指します。人間はどんな時でもまず何よりこの欲求を満たしたいと欲するのです。

2. 安全の欲求

安全欲求は第2階層で、危機を回避して、安全で安心した暮らしがしたいという欲求のことです。心身ともに健康で、かつ経済的にも安定した環境で暮らしたいという欲求をいいます。このように、いつ生活が脅かされるか分からない不安定な状態を脱し、少しでも秩序のある安心できる環境で暮らしたいという欲求に繋がります。

3. 社会的欲求

社会的欲求は第3階層で、集団に所属したり、仲間を求めようとしたりする欲求です。この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなります。家族や組織など、何らかの社会集団に所属して安心感を得たいという欲求であり、所属と愛の欲求と呼ばれることもあります。私たちは、日々を暮らしていく中で物質的満足だけでなく、自分を受け入れてくれる親密な他者の存在が不可欠であるということがいえます。

4. 承認欲求

承認欲求は第4階層で、社会の中で自分の個性を見出したい、所属する集団の中で高く評価されたいといった自分の能力を認められたいという欲求です。それを獲得することがモチベーションになり、自分のポテンシャルに気づき、自分を成長させる原動力にもなるといわれています。
また、承認欲求は、低位の承認欲求と高位の承認欲求に分類され、前者は、他人に注目されたり、賞賛されたりすることを求める欲求のことです。一方、後者では、他人にどう見られるかではなく、自分が自分を承認するものです。例えば、料理を投稿してSNSで『いいね』をもらうのではなく、あくまで自分の成長に対する喜びや達成感に従い、料理を楽しんでいるような状態です。低位の承認欲求が他者に依存的だとすれば、高位の承認欲求は、他人からの評価から自立し、あくまでも自分の中で立てた基準や目標にしたがった欲求となります。

5. 自己実現の欲求

1~4のすべての欲求が満たされた最階層が自己実現の欲求です。自己実現の欲求とは、自分にしかできないことを成し遂げたい、自分らしく生きていきたいという欲求になります。
自分のポテンシャルを見出し、社会的に成功するだけでなく、理想的な自己イメージと一致していくことを目指します。

メンタルヘルスコラム:「マズローの欲求五段階説」から考えるキャリア

「自己実現の欲求」を越える欲求

5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つ上の段階があるとマズローは発表しています。それは、自己超越の欲求と呼ばれ、「社会をより良いものにしたい」や「世界平和に貢献したい」など、見返りを求めずエゴもなく、目的の遂行や達成だけを純粋に求めるという領域で、何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献したいという欲求です。このレベルに達している人は人口の2%ほどともいわれ、スポーツでいわれる「ゾーンに入った」というのはこの状態のことを指すようです。
自己実現の欲求は「理想的な自分になりたい」とベクトルが自分に向いていることに対して、自己超越の欲求は、他者や社会など自分の外にあるものに対する貢献したい欲求であるという特徴があります。

マズローの法則における様々な分類

これまで述べた5段階の欲求は、それぞれの性質によってグループ分けされることがあります。例えば、生理的欲求や安全の欲求は、生命維持に必要な物質に多く関わる欲求なので「物質的欲求」と呼ばれ、社会的欲求、承認欲求、自己実現の欲求は、非物質的な、精神的な満足感に関わる欲求なので「精神的欲求」と分けることができます。
さらに別の分類方法では、生理的欲求~社会的欲求は、自分が関与する外部環境を満たそうとする欲求であることから「外的欲求」、承認欲求~自己実現の欲求は自分の内面を満たそうとする欲求であることから「内的欲求」と区分されることもあります。

物質的欲求と精神的欲求

マズローが考案した当時は、階層を上がるためには、その前の階層を完全に満たさないといけないと言われていました。しかし、6万人を対象に行われた調査によると各階層は同時進行で行われており、完全ではなくても、ある程度満たされていれば次の階層にフォーカスされることもあるということが分かりました。さらに、上位の階層より下位の階層の方が幸せに対する影響力が強いということも明らかになりました。
幸せというのは、物質的欲求と精神的欲求がバランス良く満たされることで実現できるものです。例えば、多額の資産を持っている人も、周りに家族や友達がいない状況では孤独になり必ずしも幸せな状況とは言えないかもしれません。
資本主義の発展により、物質的欲求のウエイトは大きくなっていますが、マズローは晩年、精神的欲求を満たすことで利益を生むような未来を夢見ていたそうです。自分と向き合い、何を求めているか考えたときに精神的欲求を満たすことにフォーカスしてみると大切なものに気づくのではないでしょうか。


著者:塩入 裕亮
精神保健福祉士
医療法人社団 平成医会 「平成かぐらクリニック」 リワーク専任講師


当コンテンツの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。