トップ 企業向けメンタルアシストプログラム 平成医会の産業医サービス

産業医

産業医
産業医活動

職場において労働者の健康管理等を行うには、医学・産業保健に関する専門的な知識が不可欠なことから、常時50人以上の労働者を使用する事業場においては、事業者は、産業医を選任し、労働者の健康管理等を行わせなければならないこととなっています。

産業医の職務とは

産業医は、以下のような職務を行うこととされています。

  • 健康診断、面接指導等の実施およびその結果に基づく労働者の健康を保持するための措置、作業環境の維持管理、作業の管理等労働者の健康管理に関すること。


  • 健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること。
  • 労働衛生教育に関すること。
  • 労働者の健康障害の原因の調査および再発防止のための措置に関すること。

産業医と精神科医師の「Dr. to Dr.」の専門領域を尊重した連携が重要です。

メンタルヘスケアについて産業医と精神科医師が連携

産業医が見つからずお困りの時には…

      健康診断を実施している機関に産業医の資格を有した医師がおり、かつ、他の事業場での産業医活動が可能な場合がありますので、相談してみてください。
      親会社等に産業医がいる場合は、その方を産業医に選任できるか相談してみてください。
      地域の産業保健センターにご相談ください

それでも…
産業医の選任でお困りの際は、平成医会にご相談ください。
平成医会には産業医資格を有する医師が複数名在籍し、活動しております。