トップ メンタルアシストプログラム 顧問医契約

顧問医契約

顧問医契約

顧問医契約は、人事担当者様のためのご契約です。

日頃お忙しい人事担当者様に対して平成医会の専任の担当者がサポートいたします。
対応の難しいメンタル問題について、予防・実際に起きた時の対処、休職、復職などのさまざまな場面で顧問医療機関にご相談ができる契約です。また、医療のみならず、職場の環境についてのご相談や、労務に関するご相談、就業規則について、労働安全衛生法や労働基準法にかかわってくるご相談に対する専門家の助言も得ることができます。 専任担当者と精神科医を中心としたチームワーク(プロフェッショナルネットワーク)で迅速かつ的確な健康管理体制を提供します。

顧問医契約の特徴

1.プロフェッショナルネットワーク

各界の専門家やプロフェッショナル企業との業務連携により、従来の医療法人の枠を超えた幅広い産業保健分野のサービス提供を行っています。

2.チームサポート体制

産業カウンセラーの資格を持つ「専任担当者」が定期訪問を通じて、人事担当者様や産業医の先生と様々な情報を共有し、ニーズに合わせた労務管理上のご提案やメンタル不調者のカウンセリングなども実施いたします。 メンタル検診と専門医治療、カウンセリング、セミナー、リワークプログラム、適職診断/キャリアカウンセリング、労務管理助言までの総合プログラムを医学的に一括管理/提供しているのは、平成医会だけです。

3.産業医の先生との連携

産業医を嘱託・専任している企業様においても、平成医会のメンタルアシストプログラムであれば、現在の内科系産業医による健康管理の枠組みを維持しながら、精神領域を平成医会でサポートする【パートナーシップ】を構築することが可能です。